So-net無料ブログ作成

リアをスーパーワイド化 [MTBパーツ]

久しぶりの更新。

エタロンをXX1のようなリア1×42Tのスーパーワイド化してみました。
2014-04-11-01.jpg 2014-04-11-04.jpg
2014-04-11-03.jpg
フロント RACEFACE SINGLE RING NARROW/WIDE 30T
シングル専用のチェーンリングで薄歯と厚歯が交互に配置されて、チェーンはずれを軽減する設
計。
30Tはそのままではクランクアームにチェーンが接触するのでオフセットしている。
チェーンリングにネジ切りがされているのでナット不要、インナーリングの取り付けボルトを使って
HONEのクランクに取り付けました。

2014-04-11-05.jpg
リア Wolftooth Giant Cog 42T
シマノ10Sでスーパーワイドを実現するためのパーツ、17Tのコグを外してこのコグをつけるが本
来の方法しかし15Tの次が19Tとよく使う部分で4Tも飛ぶので、11Tを外して取り付けました。
ロックリングは12T用の物に替えています。

2014-04-11-06.jpg
取り付けるとこんな感じチェーンの長さは最適な長さより1リンク分増やしています。
リアディレイラーはXTのSGSを使用しスタビライザー付きのものを使えば、チェーン外れ対策になり
ますが今回はあえてスタビ無しSGSを使ってテスト。 

うまく変速しないとかありそうでしたがリアディレイラーをすこし調節するだけで終了…、さっそくト
レイルで使ってみよう。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

KAWA

カッコいいですね!
試走は日曜日ですか?
by KAWA (2014-04-25 05:23) 

ヨシロー

>KAWAさん
20日にトレイルで使いました。
フロントのチェーン外れも無くなかなか良好でしたが、リア42Tを使うような場所ではないので色々なトレイルでテストしないと…。
やはりF30×R13だと舗装路で速度が22キロを越えると、踏み切ってしまうのでこの辺をどうしようか考え中です。
by ヨシロー (2014-04-26 08:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。